ブログ

『Googleニュース用RSSジェネレータ』で収集したニュースをPHPで編集・成形してWebサイトに表示する

2017年1月31日(staff)

  このブログで以前に紹介した“『Googleニュース用RSSジェネレータ』と『単眼RSS』を使って労働関連に関る最新ニュースのコンテンツを作る”の続編です。 ニュースの表示方法をもう少しカスタマイズしたくなったので、単眼RSSを使わないやり方で編集する方法を模索しました。以下を紹介します。
 
[概要]
・googleニュースをPHPのSimpleXML拡張モジュールを使ってXMLオブジェクトに変換、さらにarray型データに変換する
・array型データの中から、Webサイトの表示に必要な項目を取り出して、htmlドキュメントを成形する

  
1.googleニュースをPHPのSimpleXML拡張モジュールを使ってxmlオブジェクトに変換、さらにarray型データに変換する


 SimpleXML拡張モジュールは、php5.0.1以上から対応しているので、最近のレンタルサーバなら殆ど利用できると思います。まず、Googleニュース用RSSジェネレータ<http://g.1o4.jp/news-rss.html>でURIを生成します。そのURIで得たデータをSimpleXMLElement、SimpleXMLIteratorを使ってarray型に変換します。というような操作が、phpマニュアルサイトの「User Contributed Notes」のコーディング例 http://php.net/manual/ja/class.simplexmliterator.phpで紹介されていましたので、参考にしました。
  
その例の中にあるxml2array()関数を使用した場合。

[PHP コーディング例]  

  
2.array型データの中から、Webサイトの表示に必要な項目を取り出して、htmlドキュメントを成形する

[php コーディング例]

[説明]
googleニュースで得たarrayデータの要素(=xmlのタグ)

・"updated" :ニュースの更新日時。atom(RFC3339) 形式の世界標準時だったので日本時間に変換
・"title" :ニュースのタイトル
・"id" :ニュースのリンク先情報

これらの要素は、1.の処理の$rssAtomArrayをprint_r()で出力して、確認しました。
今回は、googleニュースの場合ですが、他のxmlオブジェクトは、違ってくるかもしれません。
後は、Webサイトに合わせて、htmlドキュメントを成形して、表示すればOKです。

余談:
XMLオブジェクトをArray型に変換する方法は、ネットで検索すると、json_decode、json_encodeを利用すると簡単にarray型に変換できる、と出てきます。試してみると、googleニュースで取得したデータは、階層が深いのか?うまく変換できませんでした。今回、紹介したSimpleXML拡張モジュールには、イテレータが用意されているので、それを使えばXMLオブジェクトのハンドリングは容易になりますね。
(結局、phpマニュアルサイトのコーディング例を参考にしちゃうんですが)

一覧表示 ▶︎ Webノウハウ

BlenderでモデリングしたワイヤーフレームをFlashで描画再生してみる。

2016年9月2日(staff)

はじめに

  今回の思いつきは、『Webサイトのコンテンツで、多面体のワイヤーフレーム画像を動かしたい。』です。幾つか実現方法はあると思うのですが、Blenderでモデリングを行い、そこで作られた頂点座標情報を取り込んでflashで再生する、という方法を選びました。
 
1.Blenderでモデリング
   Blenderは、オープンソースの3次元CG開発ソフトウエア(統合開発環境)ですね。だいぶ前に同様のCGソフトのMetasequoiaで何かやろうとチャレンジした事があったのですが、挫折しました。そこでBlenderです。使い方は、次のサイトを参考にさせて頂きました。
「Blender入門」(http://www.blender3d.biz/)大変感謝しています。

 以下、何とかリンゴをモデリング。

blender
 

 

 

 


2.頂点座標情報の取り込み
  モデリングしたリンゴの頂点座標情報の取り込みは、BlenderのExport機能で情報をファイル出力して、そのファイルから読み込む事にしました。幾つかあるファイルフォーマットの中から、Wavefront(.obj)フォーマットを選択。 このフォーマットで出力された3Dモデルデータが一番扱い易いと判断しました。 Wavefrontフォーマットの説明は、次のサイトを参考にさせて頂きました。
「OBJファイルフォーマット」(http://www.hiramine.com/programming/3dmodelfileformat/objfileformat.html)
大変感謝しています。
 OBJファイルフォーマットは、頂点座標値(x,y,z)データ、多面体の面(メッシュ)を構成する頂点座標を指すインデックス情報や、モデリングした時の法線ベクトルの情報等が含まれています。今回は、頂点座標値(x,y,z)データ、多面体の面(メッシュ)を構成する頂点座標を指すインデックス情報を利用します。
  
3.flashで再生する
  objファイルを読み込んで描画するプログラムをAS3.0でコーディング。AS3.0を選んだのは、ブラウザ上で画像を操作できるインターフェース(各種イベントを拾える)が用意されている点がいいと思ったから。 AS3.0のコーディングは、次の本を参考にさせて頂きました。
「C++による簡単実習 3次元CG入門」(http://www.morikita.co.jp/books/book/2149)
言語はC++ですが、AS3.0でプログラミングする際に大変役に立ちました。
 [ワイヤーフレーム]

 wire

 
 

 

 

 

 

 

 

 

[面を塗りつぶし  ]

apple apple2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまでです。

 

一覧表示 ▶︎ Webノウハウ

タスクイメージは破損しているか、または変更されています。(HRESULTからの例外:0x80041321)

2016年7月9日(staff)

1.事象
 Windows7のパソコンにおいて、タスクスケジューラで毎日実行していたバックアップ処理が出来ていない事が発覚。とりあえず、実行記録を確認しようとタスクスケジューラを起動したらタイトルのエラーが発生。エラーメッセージの応答で[OK]をするが、引き続き同じメッセージが表示される。
この操作は数十回繰り返した。おそらく、設定されていた多くのタスクに対してメッセージが表示されたと考えられる。バックアップ処理が出来ていなかったのは、このタスク設定が壊れてたためと断定。

2.原因調査と対処
 とりあえず、タスクスケジューラの設定を元通りにする対処方法をネットで検索。同様の事象は過去にも結構出ているらしい。以下のサイトを参考に対処してみる。

  タスクスケジューラを開くとエラーメッセージが表示される「タスクスケジューラサービスが利用できません」
  http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-performance/%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B1/fde068e5-d1d5-4821-9888-b2270a428e6f?auth=1


 [対処: ”タスクのインポート”操作でタスクの再設定]
 C:\Windows\System32\Tasksフォルダ配下の全ファイルを任意の場所に移動してタスクスケジューラを起動。エラーは出なくなった。ここから、全部のタスクをインポートで再設定することにした。TasksフォルダにはWindowsやパソコンベンダー等のフォルダ配下に100を超える設定ファイルがある。気が滅入りながらちびちびやっていると、設定ファイルのタイムスタンプで気づきが・・。どうやらバックアップ処理が失敗した日の直近で更新されている設定ファイルが破損しているらしい。まず、設定ファイルのタイムスタンプをみてインポートしないで元に戻せるか判断。これでだいぶ楽になった。

 [タスクイメージが破損した原因(多分): Windows10->Windows7のダウングレード]

 しかし、以下のエラーが発生してインポート操作で復旧が出来ないタスクが出てきた。


 “タスクの形式が有効ではありません。(2,8):version:1.5”
 

 ネットを検索。以下が参考になりました。

  タスクスケジューラーで「タスクの形式が有効ではありません」と表示され作成できない
  http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-update/%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B1/b20e1938-22ee-4fce-8f71-db4fa66dcf50?auth=1

 確かに、破損している設定ファイルのタイムスタンプは、Windows10からWindows7に戻したタイミングと一致している!
 おそらく、元に戻す課程で破損してしまったのではなかろうか。但し、 原因が分かったところで、戻せないタスクがあるってことは問題だな。そのタスクが何をやっていたのかも分からないし。
 
  Microsoftめー、またやってくれたなー。

 おそらくWindows10にしてから元のOSに戻したパソコンは、こうなっている可能性が大。 一度、タスクスケジューラを起動して確認してみることをお勧めします。

 

一覧表示 ▶︎ スタッフの日記

jQueryのAjaxリクエスト(POST)で日本語の送信データが文字化け

2016年1月10日(staff)

ブラウザ側入力フォームで指定した日本語文字列をAjaxリクエスト(POST)でサーバに渡した際、サーバ側で参照したら文字化けを起こしていてハマりました。

jQuey日本語リファレンスをみると、サーバに送信するデータはクエリー文字列に変換されてGETリクエストとして付加されるとあったので、URLエンコードは自動的にやってくれると思いましたが、POSTの場合はこちらで変換した値を指定してあげないとダメなようです。
以下、サンプル。日本語が入力されている「cSearchKeyWord」をencodeURIで変換してdata:{・・・・}に指定してます。

 var cSearchKeyWord = encodeURI(document.form001.cSearchKeyWord.value.trim());
 $.ajax({
  type:"POST",
  url:"送信URL",
  dataType:"html",
  data:{
   "cSearchKeyWord":cSearchKeyWord,
   "cHashTags":cHashTags,
   "cFromID":cFromID,
   "cToID":cToID,
   "nRetweetFlag":nRetweetFlag,
   "cGetCount":cGetCount
  }
 }).then(
  // 通信成功
  function(data,status,xhr){
  ・・・・
  },
  // 通信失敗
  function(xhr,status,error){
  ・・・・
  }
 );
 
この結果にたどり着くまで、えらい時間が掛ってしまいました。phpのmb_stringとかhtmlの文字コード設定やら、php.iniの文字コードに関わる設定とかを改めて見直しました。結局、中途半端な知識で仕事をしてきているからハマると一から調べなおす事になってしまう。ネットで検索できて便利なのだけど、頭にちゃんと入らないんですよね。いかんなぁ・・・・。

一覧表示 ▶︎ スタッフの日記

SQLSERVERのViewをACCESSのMDBでODBC接続したが、ACCESSで表示する値が違う。

2015年9月11日(staff)

(mdbでリンクする際、[固有レコード識別子の選択]は正確に行いましょう)


■事象
ACCESSのMDBで、SQLSERVERで定義しているViewをODBC接続でリンクした。
ACCESSで表示したところ、SQLSERVERのVIEWの表示が一部の列で値が違って表示されている。

例)

以下のようなView_TEST をMDBでリンクしたところ、表示した"単価"、"個数"列がSQLSERVERのViewと違って表示されている。

View_TEST:

select 店舗,販売日,品物,単価,count(*) as 個数 from TEST group by 店舗,販売日,品物,単価 order by A.

[SQLSERVERの表示]

店舗 販売日 品物 単価 個数
支店A 2015/8/31 みかん 250 3
支店A 2015/8/31 バナナ 100 25
支店A 2015/8/31 バナナ 198 13

[ACCESS MDBの表示]

店舗 販売日 品物 単価 個数
支店A 2015/8/31 みかん 250 3
支店A 2015/8/31 バナナ 100 25
支店A 2015/8/31 バナナ 100 25

  ※ 3行目の単価、個数が198、13のはずが、2行目の値になっている。

■原因と対応
mdbでリンク指定する時に、[固有レコード識別子の選択]という操作があり、そのテーブルの主キーとなる項目を設定するのですが、この項目の選択が誤っていました。今回の場合、group byで集計していたら集計した列を全て指定しないと一意になりません。結果、おかしな表示になってます。(なぜ上記のような表示になるのかは疑問が残るが、そこは追及する意味がないと判断。)

以前から、[固有レコード識別子の選択]は結構いい加減に考えていて、適当に設定していても問題なかったのですが、今回の不具合で改めて重要であることを認識しました。というか、ちゃんと理解して設定しろよ!正しく理解する為の時間を惜しんで、結局遠回りして痛い目に遭う。
(こんな事、結構繰り返してます……OTL)
 

 

一覧表示 ▶︎ スタッフの日記

Access2013にはSQLServerへのアップサイジング機能が無いのです

2015年6月23日(staff)

Access2010まで提供されていたSQL Serverへのアップサイジング機能
(アップサイジングウィザード)が、Access2013では削除されてしまいました。

 ※Office 2013 での変更点
  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc178954.aspx

処理速度改善の案件で、システムはLAN環境でAccessデータベース(mdb)をサーバに配置して
クライアントPCのGUI画面から読み書きをしていたのだけど、Jet Database Engineの処理の
仕方でどうしても処理速度が上がらないため、SQL Serverに移行してしまおう
(無償のExpress Editionバージョン)となりました。

 そこで出番となったAccessの素晴らしい機能であるアップサイジングウィザードです。
これを使えば、テーブルとそのデータだけでなく、インデックス、入力規則、テーブルの
リレーション等も一緒にSQLServerのデータベースに移行してくれます。
大変便利です。ところが。。。。表題のとおり。仕方がないのでAccess2010がインストール
されている別のマシンで処理しました。

 移行の代替案としてSQLServerのインポート機能を利用しようと思いましたが、
これだどテーブルとそのデータだけなんですよね。

なぜ、MicrosoftはAccess2013で削除してしまったのか理由は分かりません。
今後のAccessバージョンで復活してくれることを願いつつ、Access2010は無くさずに
に大切に扱う使うこととします。

一覧表示 ▶︎ スタッフの日記

アンケートデモサイト:キキマスネットURLを公開しました

2014年11月9日(関)

アンケートサービスシステム: https://kikimas.netを宣伝しましょう!!

一覧表示 ▶︎ Webアンケート

『Googleニュース用RSSジェネレータ』と『単眼RSS』を使って労働運動に関る最新ニュースのコンテンツを作る

2014年11月3日(staff)

 今回は自分が興味のあるニュースを拾って、Webサイトに時系列で一覧表示する方法の紹介です。

 特定のニュースを収集する方法は、例えばニュースを配信するサイトが提供するRSSフィード情報をRSS対応ブラウザの「RSSリーダー」とか、「フィード」と呼ばれる機能を使って自動収集しておく、なんてやり方がありますね。でもこの方法だと、ブラウザのRSSリーダーで読む事しかできないので、何とかWebサイトに表示してニュースタイトルをクリックするとリンク先に飛べるようにしたいと思います。。。まずは、

1.『Googleニュース用RSSジェネレータ』で、気になるキーワードが含まれるニュースのRSSフィードを生成する
  例えば、[雇用]というキーワードでRSSフィードを生成します。パラメータを選択して最後に「RSS生成」ボタンを押します。

 [Googleニュース用RSSジェネレータ  例)]

ブログ画像4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、

2.ブログパーツ『単眼RSS』で、1で生成したRSSフィードによって自動取得した「ニュースタイトル」をリスト化するブログパーツを作成する
  『単眼RSS』のサイトで、いろいろパラメータ(簡単なもの)を設定します。1で生成したRSSフィードURLを入力します。最後に「貼付けコード生成」ボタンを押します。
  今回は、[雇用][労働]の2つのキーワードでニュースを選別してリスト化できるようにしました。

  [RSSフィード登録画面 例]

ブログ画像5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

3.2で生成したブログパーツをWebサイトにはめ込んでみる
  こんな感じになります。 如何でしょうか。こんな風にニュースが選別されて表示されていると、世の中の動きも把握しやすくなるのではないでしょうか。

労働運動関連ニュース

 

(2017/1/31) 「単眼RSS」を利用するとad広告が出てしまうため、削除しました。代替案は、2017/1/31の投稿“「Googleニュース用RSSジェネレータ」で収集したニュースをPHPで編集・成形してWebサイトに表示する”を参照してください。

一覧表示 ▶︎ Webノウハウ

『Xmedia Recode』を使ってスマフォやデジカメで撮った動画をmp4形式に変換する

2014年10月12日(staff)

 前回のブログで紹介したメディアプレイヤー(Strobe Media Playback)が再生できる動画ファイルの形式は、mp4かflvの2択になるのですが、スマフォやデジカメで撮った動画ファイルの形式が、3gpp、m2tsだったりしたら困ってしまいますね。こんな時は、変換ソフトを使って変換してしまいます。今回はいろいろある変換ソフトの中からフリーソフトの『Xmedia Recode』(※1)を紹介します。

 このソフトは多数の形式に対応していて、大概の機器で撮った動画は網羅しているのではないでしょうか。変換時のパラメータも豊富で、分からない設定も多々あるのですが、動画再生に専門的な知識が無くてもデフォルトの設定で大体うまくいきます。この辺の詳細についてはいろいろなブログで紹介されているのでここでは省略します。m(..)m

  さて、このソフトを選んだ外せない理由がひとつあります。それは変換時の設定で、「ストリーミング Fast-Start」という設定がある、ということです。

[Xmedia Recode 画面抜粋]

 この設定をして変換した動画ファイルは、ダウンロードしながら動画を再生できるようになります。(※2) 数十分の動画ファイルを全部ダウンロードしてから再生が始まるようでは、待つのが面倒になりますからこの設定は必要でした。では実際にどうなるか試してみましょう。

 桜のある風景(再生 00:07) 「ストリーミング Fast-Start」設定無し

 桜のある風景(再生 00:07) 「ストリーミング Fast-Start」設定有り

 どうでしょうか。7秒と短い動画ですが、「ストリーミング Fast-Start」設定無しの動画は、スタートボタンを押してから少し待ってから再生が始まることが感じられますね。youtube等では当たり前のように感じている再生ですが、自分で用意する場合はこんな設定が必要になりました。

一覧表示 ▶︎ Webノウハウ

Webサイトに組み込むメディアプレイヤー(Strobe Media Playback)の見せ方を一工夫

2014年10月8日(staff)


 動画をWebサイトで再生する方法の一つにメディアプレイヤーを利用する方法があります。
メディアプレイヤーにもいろいろありますが、今回はオープンソースの有名どころでFlashで再生するStrobe Media Playback(※1)を利用します。
インストール、動作パラメータの設定等の細かい説明は、いろいろなブログ等で公開されているのでここでは省きます。m(..)m
  さて、”見せ方を一工夫”ですが、タイトルにまでして実は大したことではありません。
(本当に) 普通は、そのまま貼り付けるとこんな感じです。

 一工夫は、タイトルをクリックすると展開するようにしました。こうすることで、動画の一覧から見たい動画を選択できるようにした際、ちょっとすっきりします。

桜のある風景(再生 00:07)

 方法は、aタグをクリックしたしたら、aタグ要素の下にメディアプレイヤー用のオブジェクトを追加する、です。コーディング例は以下の通り。

[aタグの例]

<p><a onclick="fOpenMovie(this, '動画ファイル名');return false;" href="javascript:void(0);">桜のある風景(再生 00:07) </a></p>

[メディアプレイヤー用のオブジェクトを追加するjavascript 関数の例  fOpenMovie()]

function fOpenMovie(oPara,strURL){
    // aタグのテキストを取得
    var n=oPara.firstChild;
    var aTagText ="";
    while(n){
        if(n.nodeName=="#text") aTagText = n.nodeValue;
        n=n.nextSibling;
    }
    // objectタグの生成
    var strValue = "src=" + encodeURIComponent(strURL);
   
    var strObjectTag = String();
    strObjectTag = "<span>" + aTagText + "</span><br />";
    strObjectTag = strObjectTag
                 + "<object width='470' height='320'>"
                 + "<param name='movie' value='(swfのURL) StrobeMediaPlayback.swf'></param>"
                 + "<param name='flashvars' value='" + strValue + "'></param>"
                 + "<param name='allowFullScreen' value='true'></param><param name='allowscriptaccess' value='always'></param>"
                 + "<param name='wmode' value='direct'></param>"
                 + "<embed src=~(swfのURL)StrobeMediaPlayback.swf' type='application/x-shockwave-flash' allowscriptaccess='always' allowfullscreen='true' wmode='direct' width='470' height='320 flashvars="
                 + "'" + strValue + "'></embed>"
                 + "</object>";

    // オブジェクトを追加する。
    var oElements = oPara.parentNode;
    oElements.innerHTML = strObjectTag;
    return false;
}

※1 Strobe Media Playback ダウンロードサイト
http://sourceforge.net/projects/smp.adobe/files/
 

一覧表示 ▶︎ Webノウハウ